スポンサーサイト *

一定期間更新がないため広告を表示しています

2007.10.21 Sunday /// - / -
スキヤキ・ウエスタン・ジャンゴ(まとめて色々part2) *
(ネタばれが生じる可能性があります。ご注意ください)









『スキヤキ・ウエスタン・ジャンゴ』
監督:三池崇史
出演:伊藤英明、佐藤浩市、伊勢谷友介、桃井かおり etc
http://django-movie.com/

源氏と平家の決戦、壇ノ浦の戦いから数百年。とある山村に言い伝えられるお宝を捜し求めてやってきた義経率いる源氏軍(白)と、清盛率いる平家軍(赤)は激しく対立。村人を巻き込んでの抗争を繰り広げていた。そこに素性の知れない凄腕のガンマンが流れ着く。彼は果たしてどちら側につくのか。邦画ながら全編英語という思い切った設定を、桃井かおり演じる雑貨屋を営む謎の女性・ルリ子や、香川照之演じる白と赤の間を渡り歩く二重人格の保安官など濃いキャラクター総動員で描く。

日経新聞では褒められ、朝日新聞では「生煮え」と評されたスキヤキ・ウエスタン。ストーリーについてはこれ以上説明を加えるのは馬鹿らしいので省く。まず、この映画がつくられたスタンスのほうを記しておきたい。ちょっと前の記事なのだが、あるHPでの三池監督へのインタビューだ(原文ママ)。

Q:『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』のアイデアは、どのようにして生まれたのでしょう?
 お茶飲み話の中からですね(笑)。プロデューサーから「どんなものだったら面白いと思うの?」って聞かれたんで、「ウエスタンとかいいんじゃないかな〜、スキヤキ・ウエスタン!」って……口から出まかせで(笑)。「……スキヤキ!? それはマカロニ系!?」ってプロデューサーものってきて……そんなやりとりから生まれたんです(笑)。要は、お茶を飲んでいて会話がなくなったんで、埋めるために答えてっていうのがきっかけですね(笑)。
Q:偶然の会話から生まれたストーリーだったんですか?
 今の日本映画のベースには、テレビでヒットしたとか、視聴率が20%を越えましたとか、ベストセラーとか、ネットで受けているとかが多いじゃないですか。この映画は、お茶を飲んでいて出てきたオリジナルなだけに、いろんなことから解放されてるわけですよね。守るべきものってあまりないんですよ。楽しんでやっているというか。ただ撮影はすんごい大変だったけど(笑)。

:

・・・緩い。緩くて、適当である。でも、こういう実験的な映画をこれだけ有名な(癖のある)キャストを使ってつくってしまったところがなんとなくうれしい。朝日新聞のコメントまんまみたいで複雑だが、このライターは意見が合う部分が多いひとだった。

彼は(彼女だったかもしれない)この映画の実験性を褒めつつ、"生煮え"である理由としてのひとつに「三池作品に特有の乾いた感触が失われている」というようなことをあげていた。彼の意味するところの"乾いた感触"がどういうイメージなのかはわからないが、私にとってのそれは『中国の鳥人』であり『DEAD OR ALIVE 犯罪者』(両方とも三池作品)だ。そしてこの2本の映画を、私はあまり好きではない。つまり三池らしさ=乾いた感触、だとすると、私は三池映画があまり好きでないということになる。うーん、そうかな。そうかも。

『DEAD OR ALIVE 犯罪者』のシリーズ第2作目(といっても話自体が繋がっているわけではない)『DEAD OR ALIVE 2 逃亡者』が公開されたとき、1作目のような衝撃を期待した観客はすっかり拍子抜けしたのだそうだ。きれいにまとまっていてつまらない、というのがある人の意見だった。私はその"つまらない"作品が大好きになり、三度ほどレンタルを繰り返したのちに、とうとうDVDを買ってしまった。今となっては思い出話になる。



さて、件のライターの意見をまとめると、この映画には「実験的で三池らしい」部分と「乾きが失われた三池らしくない」部分が存在することになる。三池らしくない三池の映画が好きな私はどうだったのかというと、丁度その中間に立ち尽くしている形だ。
英語台詞で突っ走る凄さも役者陣の怪演も楽しみつつ、どうしても最後のガンマンの台詞が余計すぎたように思えて仕方ないからである。正確にいうと、そのちょっと前。平八少年に対してのあれ。・・・単なる説教にしか聞こえないんだが。これは『黄泉がえり』のラストの主人公のモノローグに通じるものがある。乾いてない。湿り気が、ここでは余計だ。もったいない。

:

そうそう、英語台詞にした理由。

Q:なんで英語で撮ろうと思ったんですか?
A:「マカロニ・ウエスタンだからイタリア語でやろうとしたんだけど、“それって大変だろうな”と思って、じゃあ英語でって感じで」

・・・どこまで本気なんだろう。
三池監督のこういうところがやっぱり気になるのだった。
2007.10.21 Sunday /// comments(13) / -
『ミス・ポター』鑑賞(まとめて色々part1) *
気がついたらすっかり秋ですね。
ここしばらくの間にいくつか映画館へ足を運んだので、一本ずつ簡単に感想を。
(ネタばれが生じる可能性があります。ご注意ください)








『ミス・ポター』
監督:クリス・ヌーナン
出演:レニー・ゼルウィガー、ユアン・マクレガー、エミリー・ワトソン
http://www.excite.co.jp/cinema/miss-potter/

気分がたるっとしていて、なにも発展的な行動をとりたくなかった九月中旬のある日に地元近くの映画館で鑑賞。安全そうな映画だなという一点で選んだのだけれど(ただでさえよろよろしているので、重いストーリーや戦争が絡んでくる話は避けたかった)確かに安全安心、さらりと穏やかな作品だった。

ミス・ポターとは、映画のコピー通り"世界一有名なウサギ"ピーターラビットの作者ビアトリクス・ポターのことである。舞台は1902年のイギリス。上流階級の女性が仕事を持つことなどまず考えられない時代だ。
彼女は自分が大好きな動物を主人公にした絵本を出版することを夢見て日々持ち込みに精を出すが、なかなか受け入れてもらえない。しかしとうとう出版を引き受ける会社が現れた。彼女の絵本を担当することになった青年・ノーマンはすっかりその世界観に惚れこみ、ふたりが熱心につくりあげた絵本は大ベストセラーとなる。

公式サイトでも匂わされていることなので書いてしまうと、このふたりは結ばれない。婚約中にノーマンが病気で命を落とすからだ。当然ポターはうちひしがれるが、だからといって彼女がその後も不幸な人生を送ったというわけではない。気分転換のためにひとり家を出た彼女は、幼少時に訪れた別荘地でかつての友人と再会し交流を深め、さらに絵本で得た印税の有効な使い道(売り出し中の土地を買収して農地を保護する)に気付いてふたたび日々を楽しむようになっていく。
彼女に訪れた不幸は、映画ではお決まりの展開ではあるが、リアルの実生活でも起こりうる範疇の不幸であるように思う。恋人がある日病気で死ぬ。衝撃的だった死はゆるゆるとかつての出来事になる。そして新しくまた出会いがある。
予告編で「恋と波乱に満ちた人生」と称される一生は、おとぎ話っぽい中に淡々とした日常を垣間見せながら、そのままさらりと終わる。
:
ちなみに、エンドロールで流れる歌がとてもいい。挿入歌としても使われている曲だが、映画では描かれないおばあちゃんになった彼女が口ずさんでいるような、切ないけど幸せな歌だ。公式サイトでちょっぴり視聴も可能。
2007.10.20 Saturday /// comments(0) / -
バテ中 *
25日に帰還したものの、力尽きております。
レポート提出まであ、あ、あと三日しかない・・・・・

あ、でも、ラッシュアワーは見に行きました。相変わらずリーがころころくるくるしていてかわいかった。話はちょっと真面目っぽい部分が多かったかな。もっとバカ話でもよかったと思うのだけど、でもかわりに友情満載だったのでそれはそれで。
オトナコドモの暑苦しい友情、わかりやすい話をたまにはどうぞ。
2007.08.28 Tuesday /// comments(2) / -
アメリカ行 *
明日から25日までアメリカに行く。
遊びといえばそんな気もするが、多くの建築に触れつつ平均二泊で宿を転々としながらボストン→ピッツバーグ→ワシントンDC→フィラデルフィア→ニューヨークを旅するというのはやはり勉強であり修行ぽくもある。もちろん英語も自信がない。高所恐怖症を克服できることがあったら、飛行機の中でテキストを開いて悪あがきをしようと思う。

昨日、今年亡くなった城山三郎氏のドキュメンタリーを見た。とてもよかった。その中に吉岡忍という方が登場したのだが、この方がとてもゆったりと穏やかに話をする人でまたよかった。話中で城山の詩が引用されていたので、三度引用させてもらう。あらゆる旗についての詩である。これから行くアメリカも、旗が好きな国だ(と私は思っている)。いろんなものを見て帰ってこれるといい。
では、いってきます。


「旗」 城山三郎

旗振るな
旗振らすな
旗伏せよ
旗たため

社旗も 校旗も
国々の旗も
国策なる旗も
運動という名の旗も

ひとみなひとり
ひとりには
ひとつの命

走る雲
冴える月
こぼれる星
奏でる虫
みなひとり
ひとつの輝き

花の白さ
杉の青さ
肚の黒さ
愛の軽さ
みなひとり
ひとつの光

狂い
狂え
狂わん
狂わず
みなひとり
ひとつの世界
さまざまに
果てなき世界

山ねぼけ
湖しらけ
森かげり
人は老いゆ

生きるには
旗要らず

旗振るな
旗振らすな
旗伏せよ
旗たため

限りある命のために

-----
「支店長の曲り角」 より
2007.08.13 Monday /// comments(0) / -
献血スキー *
ちょっとした趣味のひとつに献血がある。現在12回目だったか。好きな割に時間とのタイミングが合うときしか行かないので回数はそれほど多くない。この辺りの適当さが"ちょっとした趣味"の所以であるわけです。
いつもは成分献血という、一度抜いた血から血小板など一部の成分だけ採ってまた体に返却する方法でお願いするのだが、今日は混んでいたので時間が短くてすむ普通献血を。400ミリリットル。牛乳瓶二本分と考えるとリアルな数字か。
待っている間献血しにきた人々を観察してみて気付くのは、献血しにきたのにできない人の多さだ。二十分ほどの待ち時間のあいだに三人が血の濃さが足りないことや血圧が低すぎることを理由に帰されていた。いままで一度もそういうことがない私にはぴんとこないのだが。

ちなみに、献血所で食べられる無料お菓子のひとつ、神戸ドーナツは心のMyオアシスだ。地元周辺で今のところ販売店を見つけられないでいる私には、これは献血所でしか味わえない。かといってさすがに通信販売に手を出すほどのもんでもないなあというくらいの理性はあるので事態は平行線を辿り続けている。
献血が終わったらこのドーナツと無料販売機のアクエリアス(コーヒーのほうが間違いなく合うのに、献血時は水分補給を優先してしまう)で一息ついて帰る。さわやかな夏の日の夕暮れである。
2007.08.06 Monday /// comments(0) / -
秋葉原探索 *
今日は計4人で秋葉原へ。さてまず顔ぶれの記録に一枚とデジカメを取り出すも、電池が切れて動かないことが発覚。・・・幸先のいいスタートである。
まず、今までにも何度か訪れたことのある駅からすぐのビルへ。電気屋からゲーム・フィギュアの専門店まで様々なショップが入っているが、映画の輸入DVDを扱った店があることに今日はじめて気づいた。場所は二階の最奥。他の皆が飛行機のスケールモデルなどを見ている間、そこを探索してみることにする。真っ先に向かった香港映画コーナーには・・・あるある、成龍(なんとなく現地表記)。「プロジェクトBB」をはじめ日本では公開もまだされていない、アンディラウとダニエル・ウー主演の「門徒」など、かなり気になるものばかりだ。でも当然のことながら、日本語字幕なんてものはないのである。ついでに香港映画なので北京語(いわゆる標準語)ではなく広東語(香港語)である。北京語字幕はついているものの、これでは友人のKさんに逐一翻訳して読みきかせてもらうことになってしまうので、諦めることにした。はやく日本でも発売&公開にならないかな。
:
いろんな店をちょいちょいと覗きながら、近くのラーメン屋に到着。この間秋葉に来たときに入ったカレー屋『ベンガル』の目の前だ。
『九州じゃんがら』 http://www.kyusyujangara.co.jp/
外で麺類を食べることがほとんどない私は知らなかったが有名な店らしい。少々行列はできていたものの進みが速く、すぐに入れた。基本のじゃんがらラーメンによくわからないが物は試しで角肉というのをトッピングしてもらうことにする。これが値段の割にかなりのボリューム。一度頼んでしまえば150円で替え玉もたのめる(安い)。学生さんはうれしかろうなあ。食べ終わってからまたふらりと歩き、自転車好きな人と一緒にサイクル店を覗いてみる。いいなあと思った赤い自転車は輸入品で約15万円。・・・いまのところ買える見通しはつかないが見ればみるほど欲しくなってしまうたまらんフォルムだ。
最後にKさん(前述のKさんとは別人)に万世橋の近くにある甘味所でおいしい揚げまんじゅうをおごってもらう。揚げたてのぱりぱりもちもちした皮の中にさらし餡がぎっしりでとてもおいしい。店の名前がどうしても思い出せないので自宅に戻ってから検索したら見つかった。
『竹むら』 http://www.tepore.com/gourmet/20050215/detail/01.htm
店自体のHPはないようなので、参考までに。おみやげを購入することもできるけれど揚げたてがやっぱり一番だろう。秋葉周辺まで来た際にひといきつくのにもってこいである。ご賞味あれ。
2007.08.01 Wednesday /// comments(0) / -
岡山・倉敷・直島 - 2 *
直島のいい目つきの猫。


今日は選挙。速報では与党が過半数割れとか。よしよし、がんばれ野党連合。

さて旅行日記の続きを。最終日は早めに直島から出て岡山を散策することになった。倉敷・直島に比べてやけに蒸している。ところで岡山駅の「青春感謝」とうたった像はいったいなんの意味があるのだろう。わけがわからないので、思わず写真を撮ってしまった。
荷物をコインロッカーに詰めこんで、さっそく『オリエント美術館』へ向かう。距離感が掴めなかったので行きは路面電車を使ったが、じゅうぶん歩ける程度の距離だ。事実帰りは散策をかねて徒歩で戻った。この美術館がなかなかよかった。正直あまり期待していなかったのだけど(せっかくだから寄ってみようか、というくらい)、建物がまず面白い。ほの暗い室内に石づくりっぽい壁。出土した様々な化粧皿の特集も興味深かった。単なるパレットとして使われたのではなく宗教用具だった可能性も考えられる、などわかりやすい解説もありがたい。あと個人的な通称は"鳥人間"だが正式には「有翼鷲頭精霊像」というらしい、アッシリアのレリーフの本物を見ることができたのもうれしかった。顔が鳥の人って結構怖い。悪夢に出てきそうなイメージだと思う。
入館料は300円くらいだったはずだ。・・・安い。
:
近くのカフェで昼食をとろうということになり、カレースープと二種のパンのBセットを注文。一口デザートのゴマプリンも付いてきて味はよかったが、この店、本棚の半数がスピリチュアル系だったのが未だに気になる。どうにも苦手なのだ。直島にいるときも、やたら公明党のポスターが多いのに一人でため息をついていた。救いは泊まった民宿の壁にはなにも張られていなかったことだろうか。
帰り、ある人のすすめで飲んだ酔い止めが異常なまでの効果を発揮し、席に着くなり意識不明になった。普段飲みつけないからか、とんでもない効きっぷりでびっくりした。今度飛行機に乗るときはこの薬を忘れずに持っていこう。


直島のフェリー乗り場近くで気持ちよさそうに散歩していたおじさんと犬。
帰る日の朝もいたので、日課だと思われる。
2007.07.29 Sunday /// comments(0) / -
訃報 *
『善き人のためのソナタ』などで知られるウルリッヒ・ミューエ氏が亡くなった。
http://cinematoday.jp/page/N0011092
http://www.afpbb.com/article/entertainment/movie/2259558/1889161
http://www.afpbb.com/article/entertainment/movie/2259622/1900435 (動画)

前述の作品で彼を知ってまだ数ヶ月。
もう新作を楽しみに待つことができない。さみしい。
2007.07.27 Friday /// comments(0) / -
ココシリ+映画メモ *


『中国映画の全貌 2007』
http://www.ks-cinema.com/schedule.html

普通に行くと1500円だけど、回数券を買うと五枚で5000円。いいなあ。
家で観るにはしんどい映画でも映画館では集中して観られるものだ。

この74作品中の"ココシリ"はつい昨日観たばかり。
http://www.sonypictures.jp/movies/mountainpatrol/
密漁により100万頭から1万頭に減ったチベットカモシカを守るために組織された民間のパトロール隊に、北京からやってきたカメラマンが加わる。隊と行動を共にするうちに彼はココシリ、美しい場所という意味の世界の実情を目の当たりにしていく。
この隊はあくまで民間、資金は隊員が自ら捻出しなければならない。金も銃も人手もない。しかも命がかかっている。怪我をしても医者に診てもらう金がないので、せっかく没収した毛皮をまた売りさばいて資金にするという悪循環。
また、密猟者たちの多くは元々は遊牧などで生計をたてていた人々だ。気候の変化で家畜を育てられなくなり、あえて命を危険にさらしながら毛皮と引き換えに食料と金を得る。隊員も密猟者も互いの心情と状況を理解しあっているだけにやるせない。

あくまで"実話を元にした映画"であってドキュメンタリーではないが、ラストでカメラマンが北京に戻ってレポートを発表した一年後に警察が組織され、パトロール隊は解散したとあるのは本当だろう。ココシリには自然保護管理局が設置され、チベットカモシカは1万頭から3万頭に数を戻しつつあるという。気になるのは密猟者となった人々のその後だ。国はカモシカの危機に気づいても、そのさらに裏の彼らについては対策をたてたのだろうか。この映画ではそれ以上のことは描かれない。ほぼ「カメラマンが見た当時の現状」のみを映している。
映画がつくられたのは2004年。三年後のココシリではなにが起きているのだろう。
2007.07.24 Tuesday /// comments(0) / -
岡山・倉敷・直島 - 1 *
20〜22にかけて旅に出た。芸術ゼミの皆さんと総勢10人程度、東京駅からぞろぞろと新幹線に乗る。ちょっとしたハプニングがあったりしつつもてろんと穏やかにホテルに到着。倉敷は、降り出した雨のせいか人が少なく、大原美術館の絵もじっくり見ることができた。なんの下調べもしていなかったので以前から好きな佐伯祐三の絵を発見して驚いた。10センチ目前まで近づいてしばらく付近をうろついていたから、周りの人に少し迷惑だったかもしれない。
1000円で本館・別館・東洋、工芸館を全てみて回れるというコストパフォーマンスのよさがうれしい。そもそも入館が閉館まであと一時間という時刻だったこともあるけれど、みっちり閉館案内が鳴るまで楽しませてもらった。外に出ると相変わらず雨だった。でも倉敷だからか晴れでないことにそれほどがっかりはしなかった。むしろからっと晴れているのって想像しにくい。・・・ので、今度行くときは晴れているといい。実体験するに限る。
夜は居酒屋→ホテルで飲み会。普段ちょっと話しづらいな、と思っていた人と話が出来るようになったのがうれしくてついハイになり、次の日絶不調で周りに迷惑をかけまくってしまった。けして弱くはないのだけれど、量に問題がありすぎる。冷静になって数えてみたら確実に一升は飲んでいるのだ。――もっと感情のセーブをうまくできるようにならないとなあとつくづく反省。前は結構ひとの面倒をみてまわる側だった気がするのに、ここ半年はなじめてきたぶん甘えすぎてしまってこわい。自分が抑えればいいだけなんだけれども。

直島に舞台を移し地中美術館に向かう途中で、ベネッセホテルの一部を使った美術館へ向かった。現代美術だけを展示してあり、空間を吹き抜けて使うなど開放的で面白い。ただ、それほど量があるわけではない。ホテルに泊まっている場合は無料でみられる(らしい)が外部からだと1000円かかるのは痛いかな。「800円くらいにならないかなー」などとつぶやきながら、地中美術館まで歩く。100円で周回バスにも乗れるがせっかくなので散策しつつ歩いてみた。実際、それほど離れていないので、元気な人は歩くのもいいと思う。
地中美術館にたどり着き、しばらく入り口のベンチで声を潜めておしゃべりをする。なぜいきなりまわりはじめないのかというと、夕方から予約しているジェームズ・タレルのナイトプログラムまでにあと四時間は丸々あったからだ。涼しい場所でしばし休憩をとり、ゆっくり作品をみていくことにした。空間を贅沢に使った展示が多い。モネの睡蓮の展示室は、靴を脱いでスリッパに履き替えて入る。入り口を曲がってすぐ、うすいクリーム色の壁におかれた絵にすうっと引き込まれた。その前にいくつか他の作品もみたが私はモネに惹かれた。この部屋で一度目覚めてみたい。もちろん無茶な話だが、できれば一晩泊まりたかったというのが本音だ。
"違和感"という意味の印象を強く受けたのはジェームズ・タレルの"オープン・フィールド"という作品。靴を脱いで、短い階段を上がったところに青いもやが広がったようなぼんやりとした空間が広がっている。半ばまで入って振り向くと、いま入ってきたはずの大きく開いた入り口が、オレンジ色の照明と相まって遠近感を失い、青いもやの中でぺたりと一面だけ行く手を阻まれたような感覚を受けた。面白い、が、気持ち悪い。でも面白い。

一通りみ終わって、この時点でまだ二時間半はあることに気づく。その時点で一緒にいた人たちと美術館内の喫茶店へ入った。私はバナナアイスクリームとアイスティーのセット(800円)を注文。ちと高いがアイスがおいしかったのでいいことにする。あとで知ったがバナナアイスクリームはモネの好物だったのだそうな。
脇の扉から外に出、階段を下りる。海が見渡せるテラスで延々ぼうっとする作戦だ。眼下のヘリポートに丁度ヘリが着陸するのを見たり、のんびり喋っている間にだいぶ暇がつぶれる。しかしここで、この美術館の欠点(ミスといってもいい)に気が付いた。美術館自体は六時に閉館してしまうのに、「ナイト・プログラム」が始まるのは七時。チケット売り場兼待合室が一応あるものの、カフェが隣接しているわけでもない場所で一時間また待たされるのだ。考えるに、このプログラムは夕方から夜へと移り変わる空の様子を、天井をくりぬいた(ガラス張り)の部屋からじっとみつめるというもの。夏以外の季節は、日が落ちるのが早いから閉館してすぐスムーズに開始できるのだろう。車がある人はさっと下ってまた戻ることもできるが、そうでない場合は辛い。夏の間だけでもプログラム参加者向けに喫茶店を長く開けておくとか、なにかしらの対応があってもいいと思うのだが。

おっと、長くなってしまった。ナイト・プログラムの続きと岡山の日記はまた明日。
今日はさすがに足がだるいので、風呂にゆっくり浸かって寝よう。
2007.07.22 Sunday /// comments(0) / -